施術の種類

アタリを指で作る

二重にする施術の方法はたくさんあります。その方法の中で最も安全性が高く、施術に掛かる時間も短い施術方法があります。それは「埋没法」と言われる施術です。この施術はメスを使わないで利用ができる施術となります。そのため、身体を傷つけたくないという人の願いを叶えてくれる施術方法でもあるのです。この埋没法の施術方法は、細くて丈夫な糸を使って瞼を縫い合わせることで二重にしてくれます。全てを縫い合わせるわけではなく、部分的に縫い合わせるのです。また、縫い合わせる箇所はクリニックによって二箇所または三箇所と変わる場合があるため、埋没法を受ける際には縫い付ける箇所の数を聞くことも大切です。また、埋没法はメスを使わない分施術に掛かる時間はあまりありません。そのため、仕事が忙しく多忙なスケジュールな人でも、少しの空いている時間帯で二重の瞼を手に入れられるでしょう。更に、埋没法はダウンタイムの期間やメイクなどを行なっていい期間が他の手術よりも短い傾向にあります。術後に我慢をする期間が少ないためストレスなどもあまり溜まらない傾向にあるのです。

二重を手に入れるためにメスを使って行なう施術方法もあります。その方法の中で手頃に行なえる方になるのが「部分切開」です。この部分切開とは、名前の通り全体を切除するのではなく、少し形を変えたい部分を施術する方法となります。例えば、二重のラインをもっと伸ばしたいなどの願いも部分切開を受けることで得ることができるのです。他にも目と目が離れている人の悩みを解決できる施術方法があります。「目頭切開法」と言われる施術であり、この施術を受けることで顔を整えることができます。綺麗な二重でも目が離れている場合はあまり良い印象を相手に与えることができません。そのため、その原因を解消できる目頭切開法を受ける人はたくさんいるのです。最後の理想的な瞼がどうしても欲しいという人に適している施術があります。それは「全切開法」です。メスを使わないで二重を作り出せる埋没法では、瞼の形や皮の厚さによって作れる二重の形に限界があるのです。ですが、全切開法ならどのような瞼でも自分が理想とする二重を手に入れられます。また、半永久的な効果があるため、何度も施術を受けないといけないというデメリットも発生しません。このように施術を受ける回数が限られているため、将来性を考えると最も出費する費用を少なくできる施術方法であると言えます。様々な施術方法があるため、初めて利用する際にはしっかりと選びましょう。